SOSアスリートラボチャンネル
SOSアスリートラボチャンネル
4,160人
265.2万回 (平均 9,860.104回)
269

SOSアスリートラボは、神奈川県初の本気でプロを目指すジュニアアスリート達のためのトレーニング&コンディショニングジムです。 SOSアスリートラボは単なるトレーニングの場ではなく、身体を理解してもらうための教育の場だと思っています。 ただ鍛える、筋力を付けるではなく、お子さんが自分で自分の身体を理解し、コントロールできるようになるためのサポートをいたします。 私たちはフィジカルの強化に特化した指導で、「力と感覚は技術を凌駕する」という信念を持ち、どんなスポーツでも戦うことができる身体づくりのための動画を配信していきます。 ~大森トレーナーからのメッセージ~ みなさんは「なぜ、練習しても競技力が伸びないのか?」わかりますか? それはですね。 体力がないんじゃ 技術の前に技術練習を十分にこなせる体力がないんじゃ 私が見てきた選手の中で、成長期を向かえて身体が大きくなってからもプレーが伸びる子は総じて体力ある(フィジカルが強い)んじゃ 私が見てきた選手でプレーが著しく伸びた選手は単純に体力(フィジカル)が桁違いなんじゃ! 身体が大きくなってスランプになる選手とならない選手の違いは、早いうちから自分の身体をイメージできるか、できないかの差じゃ! ただでさえ、ボディイメージ(体感覚)が狂いやすい時期に、もともと体感覚が鈍い選手がプレーすれば、そりゃ思い通りにプレーできないスランプに陥るわぃ。 スランプに入ってから、いろいろバタバタしても狂った感覚重視で修正かけるもんだから出口は見つからない。 頭使って、体感覚と脳のイメージを統合すれば効果は出てくるのに…。 でもそれって狂ったあとは結構大変。 だからその前から、体感覚を磨き、イメージ(脳)と身体の動きを統合させとくんじゃ。 結論から言うとプレーが上手くならん選手は、体力がなくて、自分の体のことなんもわかっておらんのじゃ! だからこそ上手くなりたかったら、文句を言わず、行動あるのみ! 「上手くなりたかったら体力をつけろ!」 「スキル(技術)を磨きたかったら体力をつけろ!!」 「最後は体力のあるヤツが勝つ!」 そんな思いを形にするトレーニングの極意を紹介します!!

スポーツブログ
開設日 2019年10月30日
人気動画TOP3
1
2020年12月8日
Knee Control Band アスリートトレーニング集
132.8万
3,121 (92%)
262 (8%)
体幹トレーニングジュニアアスリート神奈川ジュニアアスリートトレーニング体力が桁違いジュニアスポーツ早く走る高く飛ぶ体感覚ケガの予防スランプ脱出競技力向上ジュニアアスリート速く投げる競技力が伸びないジュニアアスリート横須賀体力をつけるSOSアスリートラボスキルアップの極意柔軟性向上強くなる体力がモノをいうKneeControlBandニーコントロールバンド
Youtubeのランキングを見るInstagramのランキングを見るTikTokのランキングを見る
Topに戻る