YouTubeランキング
ボクシング1ページ目

ボクシング」で人気のYoutubeチャンネル一覧

1
ぜるふぃー / ZELLFY
ぜるふぃー / ZELLFY
34.1万人
1.9億
582
ゲーム
音楽
フォートナイト
初心者
Fortnite
ボクシング
講座
ねこくん
リズアート
たつ
Tatu#
ネタ動画
7
2
AK-69 Official Channel
AK-69 Official Channel
20.8万人
934.9万
36

AK-69公式YouTubeチャンネル 【プロフィール】 ヒップホップアーティスト 唯一無二のラップと歌の二刀流の先駆者としてアーティスト活動をスタート。 愛知県小牧市出身でマスメディアに一切見向きもされない名古屋時代に全国のクラブで年間180本のライブをこなし、ライブを見たファンの評価のみでインディーズで1タイトル15万枚のCDセールスを記録した。 その後渡米しニューヨークのNo.1 HIP HOPラジオ局と名高い”HOT97”に日本人として初のインタビューを受け、同局主催イベントへのライブにも出演。 そして、アメリカの伝説的なHIP HOPレーベル「Def Jam Recordings」との契約を果たすまでに至った。 最新アルバム『LIVE:live』はiTunes総合チャート1位を含む8冠を獲得。 これまでに海外のビッグアーティストDJ Khaled、Fabolous、Fat Joeらとコラボ楽曲を制作。国内ではUVERworld、清木場俊介、ToshI(X JAPAN)、清水翔太、倖田來未、登坂広臣、AI、シェネルなどHIP HOPの枠を超えたコラボレーションも話題となり、YouTubeでのミュージックビデオ総再生数は1億8000万を超え今も伸び続けている。 AK-69最大の魅力であるライブでは音響、照明、演出を全てセルフプロデュースで行い、2019年3月には自身4度目の日本武道館ライブ2daysを成功させた。 2020年8月には国の重要文化財であり、地元のシンボルである名古屋城から史上初の配信ライブを開催。 リアルライブの代替ではなく、配信ライブでしか出来ない事を詰め込んだこのライブは新しいエンターテイメントの形を示す革新的なライブとなった。 また、己の生き様から生まれる“言霊”が男女問わず競争社会で戦っているアスリートや経営者にも共感を生み、メジャーリーガー筒香嘉智選手をはじめNPBプロ野球選手の入場曲使用率はNo.1、またボクシング世界4階級王者 井岡一翔選手の入場曲を生歌唱し共に入場するなど、様々なジャンルのアスリートが楽曲を使用しているほか、自動車メーカー、高級時計ブランド、スポーツチームなど様々な企業のアンバサダーも務めている。 「男ってもんは負けて、負けて、強くなるんだよ。その勝負を投げ出さない限りな」AK-69

音楽
スポーツ
野球
ラップ
ボクシング
LDH
朝倉未来
朝倉海
ラグビー
rap
フリースタイルダンジョン
18
9
細川バレンタイン / 前向き教室
細川バレンタイン / 前向き教室
3.4万人
531.3万
181

細川バレンタインの公式YouTubeチャンネル 現役プロボクサーであり、第40代日本スーパーライト級王者ですが、 パンチの打ち方などを解説するつもりはありません。 細川バレンタインの類稀なトークスキルと 複雑な生育過程の経験、 そして会社経営者としての視点を活かした ビジネス系、教育系のエンタメYouTubeチャンネル。 完全にトーク番組なので、ラジオ的にもお楽しみください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 細川バレンタイン唇ぷるんぷるんすたんぷ 購入はこちらから https://store.line.me/stickershop/product/13448187/ja ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー YouTube企業案件、またコラボ等のお問い合わせは 下記メールアドレスへお問い合わせください valentine0416@yahoo.co.jp ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 細川 バレンタイン 1981年にナイジェリア人の父、日本人の母から生まれる 出生地は宮崎県だが、6歳まではナイジェリアで育つ 7歳から15歳までは祖父祖母の元、宮崎県で生活 15歳からナイジェリアに戻ったが、19歳で再び来日し上京 22歳のころまで音楽活動、ラッパーとして活躍 2006年24歳でボクシングプロデビュー 外資系金融機関で営業マンを務める傍ら 2017年に日本王座獲得 2018年金融機関を退職し VALENTINE PROMOTIONSを設立 スポーツ選手の芸能活動を支援し 不動産事業も手掛けている このYouTubeチャンネルを共同管理し 動画を撮影編集しているのは 金尾貴志 金尾貴志の運営チャンネルは下記リンク参照

ブログ
教育
ビジネス
ボクシング
自己啓発
Youtubeのキーワード一覧を見る
Instagramのランキングを見るTikTokのランキングを見る
Topに戻る